若返りの総合情報サイト

若返りホルモン

成長ホルモン

若返りホルモンの元祖

筋肉や骨、皮膚などを維持し、脂肪代謝を促進する働きがあります。
実験データとしては61歳以上の高齢者に成長ホルモンを半年間注射したところ筋肉が増え、体脂肪が減り、皮膚が厚くなった、というのは有名な話です。それだけ成長ホルモンが分泌されると体への若返り効果が出ることがわかっています。

成長ホルモンがもたらす若返り効果

などがあります。このことからも若々しくなるためには成長ホルモンの分泌が必要不可欠であることがわかります。

成長ホルモンを上げる方法

成長ホルモンが出るのはハードな筋トレをしたときと睡眠中です。

特に自重だけでなく、加重したスクワットをすると一番成長ホルモンが分泌されます。なぜかというと脚は体の中で一番大きな筋肉であり、さらに体勢維持のためにおしりや背中、腹筋など他の筋肉が総動員されるため、多くの筋肉が使われて刺激され、成長ホルモンが分泌されます。

また寝る子は育つといいますがそれは本当で、成長ホルモンが最も分泌されるのが夜10時~2時までの間で、この時間帯に深い眠りになっていると最大に成長ホルモンが分泌されます。朝方眠るような生活では睡眠中に成長ホルモンは分泌されますが、その量は夜の時間帯に眠ったほうが多くなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加