若返りの総合情報サイト

若返りホルモン

加齢で不眠になる理由

60歳以上で1/3が不眠になっている

日本人は5人に1人が不眠症であるというデータがありますが、高齢になるとさらに不眠症が増えています。これはストレス社会であることもありますが、加齢によって体調が若いころと違うことと睡眠のためのホルモンが弱まっていくことが原因です。

体温が変化しにくくなり不眠になる

熟睡するには体を温めて、体温が下がった時に眠気が襲ってくるのでそこでベッドに入れるようにしておきます。お風呂に入って温まってから寝るのと同じですね。これは自然と体温が下がっていくことで眠りにつくのですが、加齢によって体温変化が緩やかになりすぎて不眠になっている事があります。

またお年寄りがいつも朝早起きだと言われるのは本当で、体温が上がると目がさめるのですが、加齢によってこの体温サイクルが狂ってくるため、体温が上がるのが早まってしまうことから朝はやく目覚めてしまいます。

睡眠ホルモンの減少

眠りのためのホルモン、メラトニンが加齢とともに減少します。メラトニンの分泌量は60代でピーク時に1/10にまで減ります。このことからも加齢によって熟睡できなくなる不眠症になるのは仕方ないと言えます。

また頻尿などでトイレの回数が増えることで長く眠れなくなってしまう方もいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加