若返りの総合情報サイト

若返りホルモン

サーチュイン遺伝子は老化を遅らせる遺伝子

人によって年齢には見えないほど若々しい人がいますよね

同窓会などで会ったり、職場などでも歳相応に見えないほど若々しい人がいますよね。芸能人は別としても、普通に生活している人でもこれだけ見た目年齢が若い方は実は老化を遅らせる遺伝子が働いている可能性があります。

その遺伝子がサーチュイン遺伝子です。このサーチュイン遺伝子のスイッチがオンになっていると若々しく若さを保ち老化を遅らせることができることがわかっています。
逆に普通にしていてサーチュイン遺伝子のスイッチがオフのままの人は歳相応に老化し見た目も老い、体も弱っていきます。

サーチュイン遺伝子は誰もが持っている

遺伝子は人それぞれ違うものを持っていますが、サーチュイン遺伝子は誰もが持っている老化抑制遺伝子です。ですから自分にはサーチュイン遺伝子がないもしくは足りないから老けて見えるんだ、というのは誤解です。

しかしサーチュイン遺伝子がしっかりと機能を果たしているかというとそれは人それぞれで違ってきます。だから若々しい人と老けた人がいるわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加