若返りの総合情報サイト

若返りホルモン

野菜から順番に食べて老化を防ぐ

食べる順番を変えると血糖値の上昇を抑えることができる

主食であるご飯やパンなどよりもおかずから食べることで血糖値の上昇を防ぐことができます。最近では野菜から食べて最後にご飯をベル、という順番が広く知られるようになっています。

ご飯から先に食べると糖質がそのまま吸収されてしまうため血糖値が一気に上り、体内で糖化が起こり老化を進めます。

野菜を遺書に食べてご飯を最後に食べる

まずは野菜を食べ、次に肉や魚などのおかずを食べ、最後に炭水化物であるご飯を食べる。この順倍で食べると、野菜の食物繊維が糖質の吸収を抑えます。ということは毎食野菜は食べたほうが良いということにもつながります。

糖尿病の患者に野菜をたくさん食べてもらい、血糖値を下げるという治療が行われているほどですので、この食べ順というのは体にやさしいことがわかるでしょう。

ご飯、パンは減らすかなくすのもアリ

よく噛んで食べることで満腹感が得られます。それによって最後に炭水化物を食べるころにはやや満腹感を覚える場合が多くなります。
これは良いことであり、ここで炭水化物を減らすようにすれば糖化は防ぐことができます。またおかずまで食べて満腹感が多い場合は主食の炭水化物自体をなくしてしまっても大丈夫です。

満腹まで食べてしまうと空腹感が得られなくなってしまいます。空腹によって成長ホルモンが多く分泌されるため食べ過ぎは若返りにはよくないのです。体脂肪も無駄に貯めこんでしまいますしね。
ですからまずは野菜から食べる順番を守り、無理に炭水化物を食べ過ぎないようにすること。これが老化を防ぐために大切なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加