若返りの総合情報サイト

若返りホルモン

食事の量を減らすと長寿遺伝子が活発化

まずは肥満を防ぐ目的で食事を減らす

まずは加齢による基礎代謝の低下を考えてみましょう。基礎代謝が一番高いのは10代後半で、50代になるとピーク時の80%となっています。ということは運動習慣がない50代の方は食事を20%減らすことで対応します。

大食いであることは体脂肪がつきにくい体質だったとしても胃への負担を考えるとよくありません。胃に負担がかかれば活性酸素が増えて老化の原因にもなります。若い頃から控えめな食事量というのは生涯をかけて腹八分目をライフスタイルにするにも良いでしょう。

空腹が長寿ホルモンを出す

南雲医師もよくテレビで言っていますが、動物は飢餓状態のほうが長生きすることがわかっています。特に南雲医師の場合は一日1食しか食べないということで話題になっています。

実際に実験がされていて、カロリー制限によってアンチエイジング効果が高まることはよく知られています。ウィスコンシン大学で行われたアカゲザルを使った実験では餌をたっぷりあげていた猿は20年間で約半数が病死なとせをして生き残った猿も体毛が抜けてシワだらけだったそうです。
一方でカロリーを30%減らしていた猿のほうは80%が生存し、70歳に相当する年齢であっても毛がフサフサして肌にはハリがあったようです。さらには脳の萎縮もなく筋力低下もさほど見られなかったとのこと。

このことからも食事の量を減らすことによって長寿になり、病気を防いで若々しくいられるということがわかります。

急激なダイエットは老化をすすめる

食事とカロリーを減らしたほうが良いということですが、急激なダイエットで栄養事態が減ってしまうと体調を崩す原因となります。またそれによって老化を進める原因となるので注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加