若返りの総合情報サイト

若返りホルモン

一口30回以上噛んでゆっくり食べると痩せる

  • ホーム
  • 食べ物
  •  一口30回以上噛んでゆっくり食べると痩せる

ゆっくり食べると食べる量が減る

肥満を防ぐにはゆっくり食べることが一番です。食べ物を噛んでいるとその刺激によってヒスタミンが分泌されます。ゆっくり食べることでヒスタミンが多く分泌され、これによって満腹中枢が刺激され食べ過ぎが予防できます。

また食べ始めて30分くらいするとレプチンというホルモンが分泌れ、これが満腹中枢を刺激してくれます。

このように噛む回数を増やすことで様々な成分が出て満腹感が増します。よって食べる量が減り、肥満を防ぐとともにアンチエイジング効果が高まります。

ゆっくり食べるコツ

ゆっくりと食べるには1口で30回以上噛むことですが、30回噛んでいるときは箸を置きましょう。箸をおいてゆっくりと食べるー。これだけで食事の時間は1時間近くになります。
また肉類など噛みごたえのあるものを中心に食べると良いでしょう。タンパク質が多くとれて筋肉の低下を防げます。

また早食いによってアルツハイマーにかかる確率が高まるというデータもあるため、その対処法としてもゆっくりと食べることが推奨されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加