若返りの総合情報サイト

若返りホルモン

シワ、たるみを改善するセラミド

加齢とシワ、たるみはコスメで改善できる

加齢によって出来るシワは肌が乾燥し内部の水分量が減ることで弾力性分のコラーゲンやハリをつなげているエラスチンが減ることでできてしまいます。他には紫外線などもそうですね。

そしてこれは加齢とともに誰もがシワを刻んでしまうものです。いくら保湿を頑張っても乾燥肌であり小じわができてしまう場合、それは保湿の方法が間違っている可能性が高いです。正しい保湿ケアは美容液を塗るだけで終わりです。乳液やクリームは70代くらいからでも良いかもしれません。

保湿成分、セラミドの美容液を使うだけで乾燥は防げる

セラミドは聞いたことがあると思います。保湿系美容液などに入っている成分ですが、もともと肌の表面である角質層にある脂質なんですね。この脂質、特殊でわかりやすく言うと水と脂がくっつく性質があるんです。

角質層の水分だけだと外気によって水分が失われてしまいます。しかしそこにセラミドがあると、水分をセラミドが繋ぎ止めて出て行くのを防ぎます。これによって肌の保湿が強い状態になります。ちなみにセラミドは加齢によって失われていきます。

角質層がみずみずしく潤っていると、その内側の真皮層の状態が安定し、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力成分が維持しやすくなります。

結果的に肌がみずみずしく保湿され、その上肌の弾力が戻ると、乾燥による小じわが解消され、たるみによってできるシワも改善します。肌のハリやみずみずしさが戻るだけで見た目が若々しくなります。

セラミドは他の保湿成分とは違う

セラミドは他のヒアルロン酸やコラーゲンなどとは違い、しっかりと角質層で保湿をしてくれます。ほかの保湿成分は肌表面に塗るだけで、その場しのぎの保湿ケアだと思ってください。セラミドで保湿ケアしておくと、真冬の乾燥した日でもまったく乾燥しらずで過ごせます。

コスメで場当たり的に見た目を取り繕うのはイヤ、と思っている方はぜひセラミドで肌の水分量自体を増やしてください。

男性も40代を過ぎたら保湿ケアをする

男性は皮脂が多く、あまり乾燥肌を感じない場合が多いと思います。しかし30代になると肌の皮脂量が減り、40代では肌質が変わると言われています。それは皮脂分泌量自体が減るからです。

今までは皮脂によってバリアされていた肌ですが、保湿ケアなどをしていないと減った皮脂の分だけ肌が傷んでいきます。このことからも40代を過ぎたら保湿ケアをしてシワを防ぐようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加